【日々のみことば】11月30日

主の民となる

 ヨアシュは、祭司エホヤダが生きている間は、
  主の目にかなうことを行った。
                 Ⅱ歴代誌24:2

エホヤダは南ユダの人々に
主の民となるという契約を結ばせ、
偶像礼拝によって汚れた国を
立て直す。

律法に従っていけにえをささげ、
主の宮をきよく保つ。
このことを民たちは心から喜ぶ。
ヨアシュもその改革を喜び、
主に従った一人であった。

彼はエホヤダという助言者が生きている間、
主の前にかなうことを行うことができた。

私たちには今、聖霊なる神という助け手が
与えられている。
この聖霊は私たちとともに常にいてくださり、
私たちが主のみこころに生きるように
導いてくださる。

父よ、あなたのみこころに従い、
 喜びが増し加わるために、
聖霊を与えてくださったことを感謝します。