【日々のみことば】4月25日

[ナホム書1:1-15]

神は彼らの行いを、すなわち、
彼らが悪の道から立ち返ったのをご覧になった。
                  ヨナ3:10

ヨナ書と同じように、アッシリアのニネベに
対する宣告が記されています。
ニネベの人々はヨナのメッセージで
悔い改めるのです。

けれどナホム書では主の激しい怒りと
滅びが預言されています。

アッシリアは主のあわれみによって、
滅びから逃れられますが、
その後、彼らは再び頑なにされるのです。
そのため彼らは主のさばきを受けます。

一方、ユダに対しては
よい知らせ、平和を知らせる人が
山々にあると告げられるのです。
彼らはニネベの人々と同じように
滅びないということでしょう。

アッシリアによって苦しんだ人々が
苦しみから解放されることも預言されます。

主なる神様はただあわれまれるだけでなく、
悪・罪に対しては大変厳しいのです。
主の忍耐は私たちの救いですが、
私たちがその忍耐を無視し続けるならば、
そこに救いはありません。

ですからいつでも悔い改め、
主のあわれみにすがる者で
ありたいと願うのです。

父よ、あなたに信頼します。あなたを愛します。
 父なる神様、あなたのあわれみを

軽んじることなく、あなたのあわれみに
 すがる者とさせてください。

*聖書箇所は「日々のみことば」
   (日々のみことば出版委員会)にもとづいています。