【日々のみことば】6月30日

情け深い神[詩篇86:1-17]

あなたはあわれみ深く
 情け深い神。
怒るのに遅く 
 恵みとまことに富んでおられます。
             詩篇86:15

詩篇の記者は主のあわれみを
心から求めています。
そして主をほめたたえ、
「あなただけが神です」と
信仰告白するのです。

また主の助けだけを求め、
主の救いを待ち望みます。
さらに15節で
主があわれみ深いお方、
情け深い神と歌うのです。

彼は主のあわれみなくて、
決して生きることができないと
知っていたのでしょう。

主の前に罪を犯し、
御怒りを受けるべき者なのに
すぐに怒らず、忍耐して
私たちが悔い改めて生きるのを
待っていてくださる。

この主の恵みとまことが
感じられなくなるときがあります。
自分の前に主を置くことができず、
ネガティブな気持ちになるのです。

そんな時にも主は私たちに対して
恵み豊かであられるのです。
どんなに主から心が離れていても、
主に立ち返り、主に叫び求めるなら、
主は必ず立ち上がって
私たちを助けてくださいます。

父よ、あなたに信頼します。あなたを愛します。
 父なる神様、あなたがあわれみ深く

情け深いお方であることを心から信じます。

*聖書箇所は「日々のみことば」
   (日々のみことば出版委員会)にもとづいています。