【日々のみことば】7月2日

栄光と誉れの冠[ヘブル人への手紙2:1-9]

イエスは死の苦しみのゆえに、
 栄光と誉れの冠を受けられました。
             ヘブル2:9

ヘブル書の記者は、3節で、
「こんなに素晴らしい救いを
ないがしろにした場合」と語り、
父なる神さまが計画され、
イエス様が実行された
救いの恵みの素晴らしさを
証ししています。

また9節で御使いよりも
わずかの間 低くされた
イエス様のことを
見ていると語るのです。

イエス様は本来死ぬべき
お方ではなかったのに
死の苦しみを受けました。

けれどその死によって、
誰よりも高く上げられ、
栄光と誉れを与えられたのです。

またイエス様の死の苦しみは、
本来私たちが受けるべきでした。
しかしイエス様の死は、
私たちすべてのために
味わわれたものだったのです。

だから私たちはもう死の恐怖に
おびえて生きる必要がなくなりました。
キリストとともに新しいいのちに
生きる者とされているのです。

父よ、あなたに信頼します。あなたを愛します。
 父なる神様、イエス様の死によって、

私たちが死におびえることがなくなり、
 新しいいのちに生かされていることを感謝します。

*聖書箇所は「日々のみことば」
   (日々のみことば出版委員会)にもとづいています。

【日々のみことば】7月1日

御子にあって[ヘブル人への手紙1:1-14]

御子は神の栄光の輝き、
 また神の本質の完全な現れであり、
             ヘブル1:3

万物は御子によって造られました。
そして御子は力あるみことばによって
万物を保っておられるのです。

御子イエス様は100%神であられます。
イエス様も「わたしを見た人は、
父を見たのです」と言われ、父なる神さまと
ご自身は一つであることを強調されていたのです。

また私たちの罪のきよめを
十字架の死と復活で成し遂げてくださり、
今、父なる神さまの右の座に
着いておられるのです。

このように神であるイエス様が今も
万物を保っておられるからこそ
私たちは安心して、
歩むことができます。

父よ、あなたに信頼します。あなたを愛します。
 父なる神様、今もみことばによって

この世を保ってくださっていることを感謝します。

*聖書箇所は「日々のみことば」
   (日々のみことば出版委員会)にもとづいています。

【日々のみことば】6月30日

情け深い神[詩篇86:1-17]

あなたはあわれみ深く
 情け深い神。
怒るのに遅く 
 恵みとまことに富んでおられます。
             詩篇86:15

詩篇の記者は主のあわれみを
心から求めています。
そして主をほめたたえ、
「あなただけが神です」と
信仰告白するのです。

また主の助けだけを求め、
主の救いを待ち望みます。
さらに15節で
主があわれみ深いお方、
情け深い神と歌うのです。

彼は主のあわれみなくて、
決して生きることができないと
知っていたのでしょう。

主の前に罪を犯し、
御怒りを受けるべき者なのに
すぐに怒らず、忍耐して
私たちが悔い改めて生きるのを
待っていてくださる。

この主の恵みとまことが
感じられなくなるときがあります。
自分の前に主を置くことができず、
ネガティブな気持ちになるのです。

そんな時にも主は私たちに対して
恵み豊かであられるのです。
どんなに主から心が離れていても、
主に立ち返り、主に叫び求めるなら、
主は必ず立ち上がって
私たちを助けてくださいます。

父よ、あなたに信頼します。あなたを愛します。
 父なる神様、あなたがあわれみ深く

情け深いお方であることを心から信じます。

*聖書箇所は「日々のみことば」
   (日々のみことば出版委員会)にもとづいています。

【日々のみことば】6月29日

罪をおおわれる主[詩篇85:1-13]

あなたは 御民の咎を担い 
すべての罪を おおってくださいます。
             詩篇85:2

主なる神さまは私たちの罪を責め、
さばかれるお方ではありません。
主は罪によって苦しみ、
嘆くイスラエルを
元どおりにしてくださるのです。

またイスラエルの咎を担ってくださり、
すべての罪をおおってくださいます。
人は誰も自分の罪の咎を
担うことはできないのです。

罪から完全に自由になれません。
そんな私たちの罪を主は恵みによって
赦してくださり、罪をおおって、
もう思い出さないとおっしゃられます。

この主の赦しによって
私たちは主の前に正しい者として
生きることができるのです。
この恵みは何と素晴らしいことでしょうか。

父よ、あなたに信頼します。あなたを愛します。
 父なる神様、私たちの罪をおおってくださり、

赦してくださることを心から感謝します。

*聖書箇所は「日々のみことば」
   (日々のみことば出版委員会)にもとづいています。

【日々のみことば】6月28日

泉の湧く所[詩篇84:1-12]

彼らは涙の谷を過ぎるときも
 そこを泉の湧く所とします。
           詩篇84:6

詩篇の記者は主を心から慕い求め、
主とともにあることの幸いを
心から喜んでいます。

その幸いは涙の谷を過ぎるときも、
そこを泉の湧く所とするというのです。
涙が、悲しみが、それだけで終わらず、
主の恵みがあふれるということでしょう。

私たちの人生も喜びだけでなく、
涙もあります。苦しみもあるのです。
けれど、その涙、苦しみの先に、
主の恵みがあることは何と幸いなことでしょうか。

この恵みを待ち望みつつ、
主を慕い求める者でありたいと願います。

父よ、あなたに信頼します。あなたを愛します。
 父なる神様
、涙の先にあなたの恵みが
あることを心から感謝します。

*聖書箇所は「日々のみことば」
   (日々のみことば出版委員会)にもとづいています。

【日々のみことば】6月27日

黙り続けないでください[詩篇83:1-18]

神よ 沈黙していないでください。
 黙っていないでください。
神よ 黙り続けないでください。
            詩篇83:1

詩篇の記者は、悪を行う者たちが
好き勝手しているのを見て、
神さまが沈黙を続けず、
さばいてくださるよう祈ります。

でもただ彼らをさばいて、
滅ぼされるだけでなく、
彼らが主を知ることを
求めているのです。

主はすべての悪い者が
滅びることを望んでおられません。
悔い改めて生きることを
心から願っておられるのです。

私たちも、この主の心を心とし、
主だけが神であることを
人々が知ることができ、
主をあがめることができるよう、
今週もお祈りしていきましょう。

父よ、あなたに信頼します。あなたを愛します。
 父なる神様
、まだあなたを知らない人たちが
あなたを知ることができますように。

*聖書箇所は「日々のみことば」
   (日々のみことば出版委員会)にもとづいています。