【日々のみことば】11月26日

忍んで待つ[ダニエル書 12:5-13]

多くの者は身を清めて白くし、
 そうして練られる。
          ダニエル 12:10

幻をみたダニエルは「この不思議なことは、
いつになると終わるのですか」と尋ねます。
その答えを聞きますが、
彼は理解することができないのです。

なぜならそれは終わりの時まで
秘められているからです。
でも確かなことは、苦難のときを通して
多くのものは身を清めて白くし、
主にあって練られるということ。

また賢明な者たち、いのちの書に名が
記されている者たちには、
理解することが許されていること。

さらに忍んで待つように
命じられます。
終わりが来たかのように焦ったり、
早まった行動をしないように。

今の時代も多くの人々が困難を覚え、
戦争、ウイルス、様々なわざわいが
私たちを恐れさせます。

けれど最後まで耐え忍び、
主の救い、助けを待ち望む者が
救われるのです。

焦らず、慌てず、
忍んで待つ歩みを
続けていきましょう。

主よ、あなたに信頼します。あなたを愛します。
 父なる神様、忍んであなたの救いを

待つ信仰を与えてください。

*聖書箇所は「日々のみことば」
   (日々のみことば出版委員会)にもとづいています。

【日々のみことば】11月25日

みな救われる[ダニエル書 11:36-12:4]

しかしその時、あなたの民で、
 あの書に記されている者は
みな救われる。
          ダニエル 12:1

思いのままにふるまう王の
時代が終わりを告げます。
その時、かつてなかったほどの
苦難が来るのです。

しかし主は約束されます。
あの書、すなわち「いのちの書」に
名が記されている者たちは
みな救われるということです。

「いのちの書」に記されている
人たちとは、主を知り、
主を信じる心が与えられている
人たちのことでしょう。

私たちも今、主イエスさまのゆえに、
父なる神様を知り、主を礼拝する恵みに
あずかっています。

その私たちは終わりの時に、
永遠のいのちを与えられ、
主ととともに生きる望みが
備えられているのです。

この世では確かに患難があります。
でも私たちはいつでも勇敢でいられるのです。
それは主イエスさまにあって
確かな救いが与えられているからです。

主よ、あなたに信頼します。あなたを愛します。
 父なる神様、いのちの書に私たちの名が

記されていることを感謝します。

*聖書箇所は「日々のみことば」
   (日々のみことば出版委員会)にもとづいています。

【日々のみことば】11月24日

賢明な者たち[ダニエル書 11:20-35]

自分の神を知る人たちは
 堅く立って事を行う。
          ダニエル 11:32

主に逆らい、身勝手な
振る舞いをする者たち。
その中にあって、自分の神を
知る者たちが描かれています。

この人たちは不安定で、
苦難の中にあって堅く立って
事を行うとあるのです。
この人たちは賢明な者ともあります。

彼らは信仰者で、主に従う者たち。
でも剣にかかり、火に焼かれ、
捕らわれの身となるあります。
しかも彼らへの助けは少ないのです。

でもそれは終わりの時まで。
彼らが練られ、きよめられ、
白くされるためとされます。

信仰者として成長するための
彼らへの主からのチャレンジ。
信仰者だから、主を信じているから、
何も問題が起こらないわけではありません。

問題、困難は、私たちに与えられます。
それらによって私たちは練られ、
きよめられるのです。
そして主の似姿に変えられていきます。

この確かな恵みのことばに
自らを委ねて、歩んでいくことが
できたら幸いです。

主よ、あなたに信頼します。あなたを愛します。
 父なる神様、あなたのチャレンジによって、

ますます私たちを練り、きよめてください。

*聖書箇所は「日々のみことば」
   (日々のみことば出版委員会)にもとづいています。

【日々のみことば】11月23日

思い通りに[ダニエル書 11:1-19]

しかしそれは成功せず、
 彼の思い通りにはならない。
          ダニエル 11:17

ダニエルが主によって
奮い立ったとき、
再び彼に語られます。

国と国との戦いが
預言されるのです。
多くの国は、そしてその王は
思いのままにふるまいます。

自分たちの力や知恵を用いて、
大きな権力を手に入れるのです。
しかし彼らの高ぶった心は
いつも砕かれます。

思いのままにふるまうのですが、
失敗し、侮辱され、つまずき倒れて、
思いどおりにならないのです。

悪は勢いがありますが
悪が勝利することはないのです。
それは主がすべてを見ておられ、
主の真実がいつもなされるからです。

今の世においても、悪がはびこり、
主の真実、平和がどこにあるのかと
思うことがあります。
多くの人が思いのままにふるまっています。

でもそれが永遠に続くことはないのです。
悪の力は成功せず、
思いどおりにはなりません。

私たちの内にある身勝手さも、
永遠に続かないのです。
主が私たちの心を探ってくださいます。

そして主のみこころに生きようという
思いを御霊を通して与えてくださるのです。
その御霊を消すことなく、
従うことができたら幸いです。

主よ、あなたに信頼します。あなたを愛します。
 父なる神様、私たちが思いのままにふるまうのではなく、

あなたのみこころに生きる者とさせてください。

*聖書箇所は「日々のみことば」
   (日々のみことば出版委員会)にもとづいています。

【日々のみことば】11月22日

特別に愛されている人よ[ダニエル書 10:10-21]

特別に愛されている人よ、
 恐れるな。安心せよ。
強くあれ。強くあれ。
          ダニエル 10:19

幻を見て深い眠りに陥るダニエルに
御使いが触れて、彼に語ります。
御使いはダニエルに繰り返し、
特別に愛されている人というのです。

そのことばを聞いても最初、
ダニエルは「もはや力はなく、
息も残っていません」と
答えます。

そうすると御使いが再び彼に触れて、
力づけてくれるのです。
「特別に愛されている人よ、
 恐れるな。安心せよ。
 強くあれ。強くあれ。」

このことばによってダニエルは
奮い立ち、主のことばを
聞く力を得るのです。

主は同じように恐れ、力がなくなる
私たちを「特別に愛されている人よ」と
呼んでくださいます。

そして私たちに恐れるな、
安心せよ、強くあれと
励まし続けてくださるのです。

その励ましによって私たちは、
主のみことばに聞き、
主のみことばに生きることができます。

主よ、あなたに信頼します。あなたを愛します。
 父なる神様、いつでも私たちを特別に愛されている子よ

と呼んでくださり、力づけてくださることを感謝します。

*聖書箇所は「日々のみことば」
   (日々のみことば出版委員会)にもとづいています。

【日々のみことば】11月21日

力が抜ける[ダニエル書 10:1-9]

内からは力が抜け、
 顔の輝きも一変して、
力も保てなくなった。
          ダニエル 10:8

ダニエル一人が幻を見ます。
他の人たちは、幻と御使いを
見ることがありませんでしたが、
恐怖に襲われるのです。

一方、ダニエルも幻を見て、
内から力が抜け、
力が保てなくなるのです。

そればかりでなく、顔を伏せて
地に倒れ、深い眠りに陥ります。
これらはすべて主のみわざでしょう。

みことばを聞くとき、
自分の無力さに気づかされます。
みことばを聞くとき、
主の前にひれ伏さざるを得なくなるのです。

そういう経験を重ねていく中で、
私たちは主の御声に聴くに
ふさわしい者へと整えられていきます。

そして少しずつ主が語られることばを
悟ることができるようになるのです。
今日もみことばの前に深くへりくだり、
主の御声を悟る心を与えていただきましょう。

主よ、あなたに信頼します。あなたを愛します。
 父なる神様、みことばを深く悟る心を与えてください。

*聖書箇所は「日々のみことば」
   (日々のみことば出版委員会)にもとづいています。

【日々のみことば】11月20日

永遠の義[ダニエル書 9:20-27]

それは、背きをやめさせ、
 罪を終わらせ、
咎の宥めを行い、
 永遠の義をもたらし、
          ダニエル 9:24

ダニエルが祈っているとき、
ガブリエルがやってきて、
告げます。

ガブリエルはダニエルが主に
特別に愛されている者として
みことばを聞き分け、
幻を理解するように命じます。

七十週という定めの期間、
その期間に主は背きをやめさせ、
罪を終わらせ、咎の宥めを行い、
永遠の義をもたらすと。

その期間はとても大変で、
大きな試練がやってくると
預言されます。

けれど最終的に主に
敵対する者に
破滅がもたらされ、
主の永遠の義が成就します。

私たちの正しい行い、
ふさわしい悔い改めによって
主の永遠の義が
成就するのではありません。

イエス様の十字架の死と復活によって、
主の義が、主の正しさが
成し遂げられたのです。

そして主の義にあずかるには
ほど遠い者たちであった私たちも
イエス様にあって父なる神様の前に
義とされました。

このように主にあって正しいと
認められた私たちに与えられた使命は、
さらに主の義が広がって行くために、
主に仕え、主を証ししていくことなのです。

主よ、あなたに信頼します。あなたを愛します。
 父なる神様、主イエス様にあって永遠の義を

成してくださり、今、私たちもあなたの前に
 義と認めてくださることを感謝します。

*聖書箇所は「日々のみことば」
   (日々のみことば出版委員会)にもとづいています。

【日々のみことば】11月19日

あわれみと赦しは主にある[ダニエル書 9:1-19]

あわれみと赦しは、
 私たちの神、主にあります。
          ダニエル 9:9

ダニエルはエルサレムの荒廃の期間が、
七十年であることを主がエレミヤに
与えられた預言によって知ります。

そこで彼は悔い改めて、
主の前に祈り、告白するのです。
彼は先祖の罪を自らの罪として、
罪を告白します。

またダニエルは主のあわれみと
赦しに委ねるのです。
そして主ご自身のために、
聖所に御顔の光を照り輝かせてください。
救いを遅らせないでくださいと祈ります。

私たちの救いも、私たちに対する主のあわれみも
私たち自身のため以上に、主のためです。
主の栄光が豊かに現されるために、
主は私たちを救い、あわれんでくださるのです。

主よ、あなたに信頼します。あなたを愛します。
 父なる神様、あわれみと赦しは、あなたにあります。

私たちを通して、あなたの栄光が現されますように。

*聖書箇所は「日々のみことば」
   (日々のみことば出版委員会)にもとづいています。

【日々のみことば】11月18日

人の手によらず[ダニエル書 8:15-27]

しかし、人の手によらずに
 彼は砕かれる。
          ダニエル 8:25

ダニエルは自分がみた幻の意味を
理解したいと願ったとき、
ガブリエルが遣わされ、
幻の意味を告げます。

一つ一つの出来事は
国々の行く末を
意味していたのです。

また治世の終わりに、
一つの国が権力を増し、
好き勝手なことをして、
聖なる民をも滅ぼします。

しかし主は25節の終わりで、
「人の手によらずに
  彼は砕かれる」
と預言されるのです。

高慢さはいつかは主によって
砕かれます。
それは確かな真実。

でもそれはいつになるかは
人には知らされていません。
主の時があり、主の秘め事。

今の世は、どうでしょうか。
主を主とせず、多くの人の心は
高ぶり、欺きが横行しています。
その心を主は砕かれるのです。

私たちも他人事ではありません。
私たちもすぐに高ぶり、
主を忘れてしまう弱さがあるのです。

そんな私たちを今日も
主は砕いてくださり、
主の真実に生きるように
招いてくださいます。

主よ、あなたに信頼します。あなたを愛します。
 父なる神様、あなたの前に高ぶる私たちを砕き、

あなたの真実に生かしてください。

*聖書箇所は「日々のみことば」
   (日々のみことば出版委員会)にもとづいています。

【日々のみことば】11月17日

聖所の正しさ[ダニエル書 8:1-14]

そのとき聖所の正しさが確認される。
          ダニエル 8:14

ダニエルはベルシャツァルの時代、
もう一度、前回と似たような幻を見ます。
それは高ぶった国同士が
争いをするものでした。

それだけでなく主にさえ逆らい、
聖所の基をくつがえし、
真理を地に投げ捨てて
高慢の限りを尽くします。

でもそれは永遠に続きません。
最終的に聖所の正しさが
確認されると告げられるのです。

主は人々の高慢さを忍耐され、
ご自分の御名が汚されることを
耐え忍ばれます。

けれど最終的に主の聖所の正しさ、
主の正しさがすべての人々の前に
確認され、主の御名があがめられるのです。

このことを覚えつつ、
真理が地に投げ捨てられ、
クリスチャンとしての生き方が否定されても
主の素晴らしさ、主の正しさが
確認されるときを待ち望みましょう。

主よ、あなたに信頼します。あなたを愛します。
 父なる神様、必ずあなたの正しさが

確認されることを待ち望みます。

*聖書箇所は「日々のみことば」
   (日々のみことば出版委員会)にもとづいています。